2006年制作 パネル作品

 
液景

漆パネル/漆、感光乳剤
85×60(cm)

ekkei00

千日前/2分24秒ekkei01

天王寺/1分31秒ekkei03

関目ガード下/3分10秒ekkei02

黒い漆のパネルの上に写真の感光剤を塗り、パネルを印画紙と同じようにピンホールカメラに
入れて撮影した。

作品上に写っているのはピンホールが結んだネガの光像であるが、感光剤が感光した黒よりも
漆の黒のほうが強いため黒の明暗がポジと同じに見える。
漆黒ということばがあるように漆の黒より黒いものはない。

0.3mmから覗いた大阪の光と時間の軌跡。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です