2017年制作 パッチワーク継ぎ

2017年の11月に行われた牧谷窯の展示で、牧谷窯の割れたうつわをパッチワークのように合わせて、元々のうつわと違った表情のうつわを9点制作しました。呼び継ぎという技法です。


黒いマットなところは漆で継ぎ合わせた箇所で、漆と土を混ぜ合わせたものです。

 

別の器を継ぎ合わせることで、全く違ううつわに。

これは二つのピースを継ぎ合わせ、下の箇所は漆で造形しています。

丸い器と角皿を継ぎ合わせて、半月型の器に。

偶然の組み合わせの形のうつわが9点立ち上がっていきました。

 

2018.1/9記



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です