東京漆金継ぎ教室

「漆と金継ぎの教室」兼「修復のスタジオ」を2020年4/29日より清澄白河から新宿御苑の近くに移転して開講します。
「金継ぎ」とは器の欠けや割れを漆で継ぎ、継ぎ目に金粉や銀粉を装飾する日本独自の修理法で漆、餅粉、木の粉などすべて天然の材料で修繕することができ、うつわにも人にもやさしいです。
漆器の制作、修繕、蒔絵など個別の希望に応じて自由に漆の手仕事にも取り組むことができます。
(※プロや職人の育成は行っておりません。暮らしの中で繕ったり、手仕事を愉しむための教室です。)

●最寄駅
[ 東京メトロ丸の内線 ] 四谷三丁目駅
[ 東京メトロ大江戸線 ] 国立競技場駅
[ JR中央・総武線 ]   千駄ヶ谷駅
詳しい住所はお席のご案内の時にご連絡差し上げます。

 

Print
(写真は清澄白河で開講していた時のものです。)

開講日時

A:第2第4日曜  10:00-12:30
B:第2第4日曜  13:30-16:00
C:ABの翌日の月曜  10:00-12:30
D:ABの翌日の月曜月曜  13:30-16:00
祝日や都合により変動する月もあります。
(各回定員12名)
※現在、全クラス満席で各クラスキャンセル待ちも10名ほど受付しましたので受付終了しました。次回のキャンセル待ち受付再開は2020年4/1 朝9時〜を予定していましたが新型コロナウイルスの影響により、今後の教室運営方針に関して検討中のため、受付再開をひとまず6/1 朝9時〜に延長とさせていただきます。お待ちいただいていた方には申し訳ないですが、何卒ご理解申し上げます。(3/30記)

↓ 開講スケジュール(表示されない場合はページを再読み込みして下さい。)

受講費

入会金:10,000円

チケット制か月謝制選択できます。
● チケット制:4回22,000円(1回5,500円) – 4回ごとの更新
● 月謝制:2ヶ月4回18,000円(1回4,500円)- 2ヶ月ごとの更新

※チケット制も月謝制も他クラスで空きがあれば振替可。
チケット制は月によって2回、1回と各自の都合に合わせたペースで来ていただけます。
チケットの有効期間は購入日より6ヶ月となります。

※予約いただいたお席の直前のキャンセルにはキャンセル料が発生します。
開講時間48時間前からのキャンセルは1500円を、
当日(0時より)連絡のキャンセルは3000円をお席の確保料としてお願いしております。
開講時間を過ぎてのご連絡による欠席やご連絡いただいていない欠席は、来られたものとして受講回数数えることとなります。

 

必要なもの

[金継ぎをされる方]

  • 金継キット(13,600円)
  • 修繕する器(割れ1点、欠け2点程度)※ ガラスの器不可
  • はさみ、カッター
  • エプロンもしくは汚れてもいい服装
Print
Print

 

[漆の手仕事をされる方]

  • 漆キット(11,000円〜15,000円) ※ 希望の制作を相談して用意します。
  • はさみ、カッター
  • エプロンもしくは汚れてもいい服装
Print
Print

何がしたいか迷っている方にはまずは金継ぎをおすすめします。金継ぎをすると漆の基本的な扱いが学べます。

Glyph_Logo_png 教室の生徒さんの作品をインスタグラムに掲載しています。

 

 

 

プライバシーポリシー