山に篭る

 

blog01

昨晩、雪おろしが鳴った。
今年は暖冬で初めての鳥取の冬はなかなか雪を見れなかった。
一晩に50cmも降るという日もあるようで、そんな日が来るのを楽しみにしてる。
静かで真っ白な風景の中で制作と仕事をするのを想像して、この土地に来るのを決めたんだった。

山の暮らしを初めていっそう好きになった詩がある。

宮澤賢治の告別。
宮澤賢治が農学校の教師をしていた頃、音楽の才能のある生徒(農家の子供なので
音楽の道に進むことは叶わなかった)に向けておくった詩。

ものづくりに関わる人は胸につきささるような詩だと思う。
またきっと何度でも反芻する。

 

“おまへのバスの三連音が
どんなぐあひに鳴ってゐたかを
おそらくおまへはわかってゐまい
その純朴さ希みに充ちたたのしさは
ほとんどおれを草葉のやうに顫はせた

もしもおまへがそれらの音の特性や
立派な無数の順列を
はっきり知って自由にいつでも使へるならば
おまへは辛くてそしてかゞやく天の仕事もするだらう

泰西著名の楽人たちが
幼齢弦や鍵器をとって
すでに一家をなしたがやうに

おまへはそのころ
この国にある皮革の鼓器と
竹でつくった管とをとった

けれどもいまごろちゃうどおまへの年ごろで
おまへの素質と力をもってゐるものは
町と村との一万人のなかになら
おそらく五人はあるだらう

それらのひとのどの人もまたどのひとも
五年のあひだにそれを大抵無くすのだ
生活のためにけづられたり
自分でそれをなくすのだ

すべての才や力や材といふものは
ひとにとゞまるものでない
ひとさへひとにとゞまらぬ

云はなかったが、
おれは四月はもう学校に居ないのだ
恐らく暗くけはしいみちをあるくだらう

そのあとでおまへのいまのちからがにぶり
きれいな音の正しい調子とその明るさを失って
ふたたび回復できないならば
おれはおまへをもう見ない

なぜならおれは
すこしぐらゐの仕事ができて
そいつに腰をかけてるやうな
そんな多数をいちばんいやにおもふのだ

もしもおまへが
よくきいてくれ
ひとりのやさしい娘をおもふやうになるそのとき
おまへに無数の影と光の像があらはれる
おまへはそれを音にするのだ

みんなが町で暮したり
一日あそんでゐるときに
おまへはひとりであの石原の草を刈る
そのさびしさでおまへは音をつくるのだ
多くの侮辱や窮乏の
それらを噛んで歌ふのだ

もしも楽器がなかったら
いゝかおまへはおれの弟子なのだ
ちからのかぎり
そらいっぱいの
光でできたパイプオルガンを弾くがいゝ”

 

『宮沢賢治全集Ⅰ』告別より



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です