銀継ぎギャラリー2020#1

ご依頼者様の店舗の象徴的な展示物だという、作家の渋谷英一さんの大ぶりの花器。割れてしまったものを銀継ぎで仕上げました。

銀は硫化していぶし銀のように黒ずんできますが、古物の器は黒ずんでいく姿もまたしっくりきそうです。

こちらはイギリスのデザイナーFaye ToogoodによるPotsのシリーズ、友人からのご依頼品です。

普段使いされているという急須の蓋の修理品です。

染付芙蓉手のお皿、縁のニュウや欠けを修理しています。

こちらは古美術商の方からのご依頼品、もともと良くない仕事の金継ぎの修理がされていて、それを剥がして継ぎ直しました。

粉引茶碗のニュウ、ご依頼主の方と相談していぶし銀で仕上げました。

修理のご依頼方法はこちら、修理代金の目安はこちらをご参照ください。
2022.5/3記



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください