銀継ぎギャラリー2018#2

村上躍さんの大皿、出張先の思いがけない出会いに購入されたものの、すぐに割ってしまいとても落ち込んでいたそう。銀線が元々のうつわの表情によく馴染みました。

備前の湯呑みの口縁の欠け、銀が酸化していぶし銀になっていくのも楽しめそうです。

若杉聖子さんの輪花の花器とお猪口、静かな雰囲気の作品は銀のシャープさが合うように思います。

コペンハーゲンのスクエアディッシュ

湯町窯の大皿。元々気に入っていたうつわが格上げされたよう、というお言葉をいただきました。ただ壊れたものがなおっただけでなく、何かプラスに気持ちが向かうと嬉しいです。

備前焼

お世話になっていた方からのご依頼品。貫入の一部のような継ぎ目となりました。

修理のご依頼方法はこちら、修理代金の目安はこちらをご参照ください。

2021.2/24記



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です